営業マスターコース説明会

「人は城、人は石垣、人は堀」(武田信玄の言葉として知られる言葉)

人材は人“財”と言われるように、組織にとって「人」は宝であり、「人」が全てと言っても過言ではないでしょう。

多くの業界では、国内市場の伸びが期待できず、他社からいかにシェアを奪うか?がポイントになってきています。他社に勝つには組織の力はもちろんですが、他社の営業マンよりも、少しでも自社の営業マンの方が強い必要があります。

個の力を伸ばす為に、OJT、研修、ロールプレイング等、いろいろな取り組みをされていることでしょう。
果たして、その取り組みは思っているよりも効果が出ていますか?
期待しているよりも成果が出ていますか?

『人にものを教えることはできない。
できることは、相手のなかにあるものを見つけ出す、その手伝いをする事である。』

(ガリレオ・ガリレイ)

営業はセンスなのでしょうか?才能なのでしょうか?
営業人材の育成は不可能なのでしょうか?

本セミナーでは、下記のポイントを中心に、プロセスマネジメント大学 理事長 野部が“強い個人を育成する組織作りの仕組み”のお話しをさせて頂きます。

・人を動かすためのヒント
・歌舞伎、能から学ぶ育成システム
・育てられる人、育てられない人の違いとは?
・なぜ、営業人材育成はうまくいかないケースが多いのか?
・営業人材育成する為には「営業を科学せよ」 (※キーワードは「再現性」)
・商談のプロセスと、面談のステップを「見える化」せよ

「上から変わらなければ、下は本気で変わらない」
(武田薬品工業株式会社 代表取締役 社長 長谷川閑史様)『トップが語る次世代経営者育成法/日本経済新聞出版社』より

是非、経営者様、営業幹部の方のご参加をお待ちしております。

お申し込みはこちらから
お申し込みはこちらから

担当講師



講師プロフィール
沢田 元一郎(さわだ げんいちろう)
ミカド電装商事株式会社 代表取締役社長
プロセスマネジメント大学仙台校 校長 

1962年仙台市生まれ。中央大学卒。
大学を卒業後、メーカーに就職。その後、父から引き継いだミカド電装商事はバブル崩壊の影響で大赤字。
翌年赤字からは脱するが、業績は伸び悩んでいた。そんな時に「プロセスマネジメント」と出会い業績が一変。
営業利益が導入からわずか3年で500%に成長。以来、東北でプロセスマネジメントを広げる事に従事。
プロセスマネジメント大学の講師を4期務め、その経験を生かした小説「お寿司屋さんがプロセスマネジメントを学んだら」をamazonにて電子出版。


講義概要

「営業人材育成を科学する」セミナー
~なぜ営業人材育成はうまくいかないのか?~

講義スケジュール

2017年3月8日(水)15:00~17:00(14:30受付開始)

受講料

無料

対象者

自社の営業人材育成に真剣に取り組んでいる経営者様、営業幹部・営業マネージャーの皆様
※対象以外の方がお申込みされた場合、お断りさせていただくことがございます。

定員

先着20名様 
※申込み締切はセミナー開催日の3営業日前までです。
※先着順とさせていただきます。
※定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

ご注意

・同業他社様からのお申込みはお断りさせて頂きます。
・本会場においては、録音・録画・写真撮影は固くお断りいたします。
・セミナーの内容は、一部変更になる場合があります。ご了承ください。

開催場所

ミカド電装商事3階セミナールーム
(宮城県仙台市若林区新寺3-4-30)
※JR仙台駅東口徒歩11分 地下鉄宮城野通駅徒歩5分
※お車でいらっしゃる方は近隣のコイン駐車場をご利用ください

お問い合わせ先

ソフトブレーン・サービス(株)
プロセスマネジメント大学<事務局>
TEL: 03-6880-2610(代表)
E-mail: pm-college@softbrain.co.jp


お申し込みはこちらから
お申し込みはこちらから