仕事柄、私は多くの経営者・営業マネージャーの方々にお会いしますが
目標達成するために、目標予算から逆算して必要な受注件数や必要行動量を
算出することが出来ない方がいます。 計算が出来ても、計算結果の数字が膨大で「無理だ」と思考停止する方がいます。

もしあなたが戦場にいるならば
感覚マネジメントをする“隊長”と科学的マネジメントをする“隊長”
どちらの部隊に属したいですか?またどちらの隊長になら、命を預けることが出来ますか?

さて、ここで問題です。

Q1.(あなたの営業組織では)現在、見積提出後の「成約率」がどれぐらいか分かりますか?
→「約3割」「たぶん20%くらい」とあいまいにしか回答できない方
あなたは、『感覚マネジメントをする“隊長”』です。

Q2.(あなたの営業組織では)目標予算を達成するため受注先は何件あればいいですか?
→「とりあえず100件」「そりゃ1件でも多ければ多い方がいい」「調べてみないとわからない」と回答された方、あなたも『感覚マネジジメントをする“隊長”』です。

感覚マネジメントは悪い事ではありません。それでも成果が出る事もあるでしょう。
しかし、翌年・翌々年と成果は継続されますか?
成果を継続するためには、思考を変更しなければなりません。

そのための原理原則的な思考として
「プロセスマネジメント」「G-PDCA」「営業の“型”の必要性」「ソリューション営業」をご紹介します。

本セミナーを通じて、経営者や営業マネージャーのみなさまが変わることを応援します。
もしあなたが戦場にいるのなら、あなたの部隊を全滅させることなく、そして、一人として命を落とすことなく、全員が家に帰ることができる“隊”の“隊長”へ変わっていただきたいのです。

講義スケジュール

13:30~
受付開始
14:00~15:50
ゴール(予算達成)に導きPDCAを実現できる営業の仕組み作り
ソフトブレーン・サービス株式会社  取締役会長 小松弘明
15:50~16:00
休憩
16:00~16:45
プロセスマネジメントを導入し、何が変わったのか?
ミカド電装商事株式会社 代表取締役 沢田元一郎 様
16:45~17:00
質疑応答・アンケートご記入

担当講師



講師
ソフトブレーン・サービス(株) 取締役会長
小松 弘明(こまつ ひろあき)

略歴:
三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経て、ソフトブレーン(株)に入社。
現在はソフトブレーン・サービス(株)会長を務める。
銀行員時代を含め、2万社を超える企業経営者からの相談を受けるなど
営業プロセス構築に関するコンサルティングで
中堅・中小ベンチャー企業の経営者からの支持も高い。
著書に「宋文洲直伝 売れる組織」(日経BP社)、「会社の見直し方」(幻冬舎)。

※講師は予告なく変更になる場合がございます。


ゲストスピーカー

ゲストスピーカー
ミカド電装商事株式会社(ソシオス・イー・パートナーズ株式会社)
代表取締役社長 沢田元一郎 様

略歴:
1962年仙台市生まれ。中央大学卒。
大学を卒業後、メーカーに就職。その後、父からミカド電装商事を引き継ぎ代表に就任する。
当初、バブル崩壊の影響で会社は大赤字。翌年赤字からは脱するが、業績は伸び悩んでいた。
そんな時に「プロセスマネジメント」と出会い業績が一変。営業利益が導入からわずか3年で500%に成長。
以来、東北でプロセスマネジメントを広げる事に従事。

※講師は予告なく変更になる場合がございます。


講義概要

ゴール(予算達成)に導きPDCAを実現できる営業の仕組み作り
~“プロセスマネジメント”と“営業マンのスキル向上”が鍵~
※タイトル、内容が若干変更になる場合もございます。

講義スケジュール

2012年9月5日(水) 14:00~17:00 (受付開始13:30~) 【開催終了しました】

受講料

無料
※事前登録が必要です。

対象者

高い目標予算を達成するために
毎日毎日ガムシャラに頑張ることしか出来ていない
経営者・営業マネージャーのみなさま限定

定員

先着30名様
※お申込みは先着順とさせていただきます。
※定員に達し次第受付を終了いたします。

開催場所

税理士法人三部会計事務所 2ビル研修室
(福島県郡山市緑町16-1)
○JR郡山駅 車15分 ○市役所付近 ○駐車場有

お問い合わせ先

ソフトブレーン・サービス(株)<セミナー事務局>
TEL: 03-6880-2610(代表)
E-mail: pm-college@softbrain.co.jp


ご記入戴いた情報は、三部会計グループ、ソフトブレーン・サービス株式会社にて共有します。
各種商品・サービスのご案内、及び、その他の情報提供に利用いたします。
三部会計グループは個人情報保護法、及び、その他関連法令及びガイドラインを遵守いたします。